地域のみなさまと
カラダのこと

七草粥の健康&美容パワー

七草粥の健康&美容パワー
いよいよ新年の幕開けですね。クリスマス、忘年会、お正月とイベントが続き胃腸がお疲れぎみ…と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そろそろ胃腸を休ませてあげたいところですよね。今回は、頑張り続けた胃腸に嬉しい七草がゆについてご紹介します♪

◇七草がゆとは?
七草がゆ…1月7日の人日(にんにち)の節句の朝に、春の七草を入れて食べるお粥のこと。
一年の無病息災を願い、疲れた胃腸を休める意味』があると言われていますよね。

皆さまは、七草がゆを食べる習慣がありますか?
今日では、食べる習慣のない方も増えているそうですが、七草がゆの健康、美容のパワーが、近年再注目されてきています。

◇七草がゆのココが凄い!
ダイエット効果
まずお粥のカロリーをご飯と比較すると…
・ご飯…一膳150ℊ カロリー:249kcal
・赤飯…一膳150ℊ カロリー:291kcal
・お粥…一杯200ℊ カロリー:140kcal

お粥は、ご飯や赤飯に比べて一杯当たりの重さが50ℊ程多くなりますが、カロリーは半分程。
七草を入れても、150kcal程度なので、食べる量を減らさずに自然とカロリーを抑えることができます。

また、セリ・ナズナ・スズナ・スズシロ・ホトケノザには整腸作用があり、消化吸収を助ける働きがあります。消化吸収がスムーズになると代謝もUP、ダイエット効果も期待できますね。

美容効果
スズナの葉にはβカロテンやビタミンCが豊富。シミ・そばかすの予防や、ひびやあかぎれなどにも効果があると言われています。
セリ・スズナ・ナズナ・ハコベラ・スズシロには利尿作用のある成分が含まれ、むくみ解消に効果があります。
ご馳走続きで、塩分を摂りすぎてしまったかも…という方にもオススメです(^^)

◇オススメのトッピング&味付け
体に嬉しい七草がゆですが、野菜とお粥ではたんぱく質が不足してしまいがち。トッピングを選ぶなら、鶏のささ身煮豆等の食材が◎

また、七草がゆは塩のみの優しい味付けなので、お子さんにとっては少しあっさりしすぎてしまうかもしれません。無病息災を願うので、ぜひお子さんにも食べていただきたいですよね。

子どもが喜ぶアレンジ
☆中華風七草がゆ:ごま油と鶏ガラスープで味付け。溶き卵をふんわりしても〇
☆七草がゆのチーズドリア:とろけるチーズと少量のパン粉をのせてオーブンで数分焼く。
☆味噌味の七草がゆ:味噌味に変えると七草粥の青臭さも抑えられます。

最近のスーパーでは、お手軽な七草がゆセットも売られていますよね。家族の無病息災を願いながら、ぜひこの機会に食べてみてはいかがでしょうか♪