地域のみなさまと
スタッフ便り

現代人の強い味方!ビフィズス菌『B.ビフィダムY株』のチカラ【PRセンターだより】

 

 

5月に入り、なんとなく体が重く、ストレスが溜まっている感じがする…
また、特に食べすぎというわけでもないのに、胃の調子が悪くなる… ということはありませんか?

腹痛

ストレスで心の負荷や緊張が高まると、自律神経が刺激されて胃の働きが抑えられてしまいます。

胃の働きだけでなく、あご、体全体の痛みや頭痛、目の周りの痙攣、動悸など…
さまざまな体の不調を引き起こすストレスの対策は、働き世代には必須といえるかもしれません。

今日は、毎日がんばるみなさまにオススメのビフィズス菌『B.ビフィダムY株』をご紹介します。

 

B.ビフィダムY株―
それは、現代社会が
求めたビフィズス菌。

 

B.ビフィダム Y株は、現代人をサポートするビフィズス菌として開発されました。

ビフィズス菌は酸素に弱い性質があるため、通常胃の中に存在する酸素に触れると死んでしまいます。
そこで、ヤクルトでは菌を強化培養することで、酸素に負けない強い菌をつくることに成功しました。

「B.ビフィダムY株」の気になるチカラですが、こんな研究結果があります。

機能性消化管障害患者37名にB.ビフィダム Y株を含む乳飲料を4週間飲用してもらいました。

その結果…

 

引用元:ヤクルト本社BF-1特設サイト (https://www.yakult.co.jp/bf-1/) 2019/04/16

 

B.ビフィダム Y株を含む乳飲料を飲用した後は、ストレスにより上昇することが知られている唾液中のコルチゾール濃度が飲用前と比較して有意に低値を示しました。

この菌は胃細胞に対する高い接着性があることから、胃ではたらく可能性が高いと考えられています。

 


 

このように、菌はその種類によって働く場所や期待される効果がまったく異なる面白い生きものなんです。
ぜひ、さまざまな菌のチカラを知って、ご自分に合った飲料を発見してみてくださいね(*^^*)

 

>>B. ビフィダム Y株をふくむ飲料についてはこちらでご紹介しています!

 

=========関連記事=========

≪五月病、その対処とは?≫

≪ヤクルトに入っている乳酸菌って?≫

≪アレルギーとかかわりの深い乳酸菌とは?≫

≪大腸ではたらくビフィズス菌のチカラ≫

======================