地域のみなさまと
最新情報

お肌からSOS?!悩ましいアレとお肌の関係!

今の時期多くの方のお悩みといえば花粉症。くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど辛い症状で仕事や家事に集中できない!という方も多いですよね。それに今年は花粉の飛散が例年に比べて非常に多いのでより注意が必要です!また春は「春一番」という言葉があるように風が強く、花粉やホコリなどが大気中を舞い、肌トラブルを引き起こしやすい季節です。特にお肌は敏感な状態になります。

花粉皮膚炎って?

そんなよくある症状以外にも、意外と多いのが花粉がお肌に付着することで炎症を引き起こす「花粉皮膚炎」。主な症状としてはまぶたや頬、あご、首などが乾燥したり、赤くなったり、かぶれたり、チリチリとくすぐったいようなかゆみなどが特徴の肌トラブルを起こします。その他にも顔全体がかゆくなったり、ヒリヒリしたり、腫れぼったくなるなどの症状もみられます。花粉症の自覚が無い人でもなることがあり、男性も女性も関係なく炎症を起こしてしまいます。特に目の周りや首は皮膚が薄いので、かきすぎると色素沈着や乾燥、皮剥けの原因になってしまいます。

 

まだあります!春の肌トラブル

◆乾燥
気温の上昇にともない、皮脂分泌が増えてくるため、保湿への意識がゆるみがちになります。保湿ケアを怠ると、温度の低い春の風により、お肌の水分が奪われて乾燥します。

◆肌荒れ・かぶれ
お肌のバリア機能(乾燥と外部刺激からお肌を守る働き)の低下により外部刺激の影響を受けやすく、肌荒れやかぶれを引き起こしやすくなります。

◆ニキビ・吹き出物
皮脂分泌が増え、お肌にホコリや花粉などが付着しやすくなります。毛穴に汚れがつまると、お肌のザラつきやニキビ、吹き出物ができやすくなります。

◆シミ・ソバカス
冬を越えたお肌は紫外線に対する意識が低くなっているため、気付かないうちに日焼けをしたり、シミやソバカスが目立ちやすくなります。

 

予防と対策

◆マスク
顔にフィットする立体マスクがオススメ。鼻に入る花粉の量が6分の1に減るといわれています。

◆メガネ
メガネの側面にカバーがついた花粉対策用メガネやゴーグルを着用すると目に入る花粉の量が3分の1に減らすことができるといわれています。

◆帽子
表面だけでなく髪の間にまで入り込んで絡むので、外出の際は頭をすっぽりと覆うような帽子をかぶると〇!

 

スキンケアでお肌を守る

◆ダブル洗顔
顔に花粉が付着し、毛穴まで入ることで赤みが出てかゆくなってしまいます。そういった汚れを落とすためにもクレンジングと洗顔でしっかりとダブル洗顔をしましょう。
ダブル洗顔のやり方はコチラ≫≫

◆保湿
ダブル洗顔後は化粧水、乳液、クリームなどを使ってしっかりと保湿をしましょう。お肌の状態が敏感になっている時は、低刺激のスキンケアアイテムを使うのも〇!またクリームは水分が逃げるのをおさえて、外部刺激からお肌を守ってくれる役割もあります。
保湿のやり方はコチラから≫≫

こういった春の肌トラブルの悪化を予防するには花粉がお肌につかないようにすることと家に持ち込まないことです。帰宅したら家に入る前に服についている花粉を払い、家に入ってから洗面所で手や顔を丁寧に洗いましょう。お風呂ではしっかりと髪を洗うことも大切です。また、外出時は露出の多い服装は避けて、なるべく外気に触れないようにするのもポイント。

しっかりとした予防と対策、スキンケアを心掛けてくださいね。万が一お肌に異変を感じたら皮膚科で正しい処方をしてもらいましょう!

 

 

お近くのエステサロン・ヤクルト化粧品について詳しくはコチラ≫≫