地域のみなさまと
カラダのこと

5月31日は2019年『世界禁煙デー』

2019年5月31日(金)~6月6日(木)は禁煙週間とし、各自治体で地域におけるたばこ対策の推進を図っています。

長野県の2019年取り組みは、まだ公表されていませんが、昨年2018年には以下のような取り組みが行われました。



トイーゴビジョン放映「5月31日は世界禁煙デーです」

電光掲示板で禁煙の呼びかけ

長野市役所行政モニター放映「5月31日は世界禁煙デーです。」
庁内電光掲示板で禁煙の呼びかけ

ホームページ「たばこと健康」~5月31日は世界禁煙デー・5月31日から6月6日は禁煙週間~
たばこと健康に関する情報提供


『世界禁煙デー』は、世界保健機関(WHO)によって1989年に制定され、喫煙しないことが一般的な社会習慣となることを目指した「たばこか健康かに関する活動計画」を開始しました。厚生労働省においても、1992年から世界禁煙デーに始まる一週間を「禁煙週間」として定め、各種施策を行っています。

さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの競技大会に向け、受動喫煙防止対策の強化が検討されています。具体的には、2019年7月に学校・病院・児童福祉施設等、行政機関が原則敷地内、2020年4月にそれ以外の施設等も原則屋内禁煙となることを控え「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」を禁煙週間のテーマとし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行われています。

いざ禁煙しようと思っても、たばこは身体的・精神的依存があるため、自力で禁煙するのは大変です。そこで、自力で禁煙をするときにおすすめなのが『禁煙補助薬』です。禁煙補助薬を使用するメリットとして「成功率が高い」「禁煙後も体重が増加しにくい」「健康保険が使える※」といった点があげられます。
※禁煙外来で健康保険適用の条件を満たした治療を受ける場合。禁煙の意思があること、ニコチン依存症と診断されること、(35歳以上の人のみ)喫煙年数×1日の喫煙本数が200以上であることが条件。

禁煙をお考えの方、禁煙補助薬である飲み薬やニコチンパッチ、ニコチンガムといったなかから、ご自身に合った方法で禁煙チャレンジしてみてくださいね(^^)