地域のみなさまと
カラダのこと

腸には100兆個もの菌がすんでいる?!

みなさまこんにちは!北信ヤクルトの広報部です。

最近、テレビなどで腸内フローラという言葉を耳にすることはありませんか?腸内フローラというのは、腸にすんでいる菌の集団のことを言います。
実は、私たちの腸内には、およそ1000種類約100兆個もの多種多様な菌がすんでいます。そのなかには、健康に害を及ぼす悪い菌もいれば、健康の維持・増進に役立つ良い菌もいて、これら腸内細菌の集団(腸内フローラ)と私たち人間は、生活を共にする関係にあります。

*********************************************************************************************************
【腸内フローラとは】
この写真は、人の便を光学顕微鏡で観察したものです。このように菌は群がって集団でかたまっている様子がお花畑に見えることから“腸内フローラ”と呼ばれています。
*********************************************************************************************************

腸は「食べ物の消化・吸収」「栄養分を取り入れる」「病気から身体を守る」という働きがある身体にとってとても大切な器官です。最近の研究によれば、腸には人の半数以上の免疫が集まる生体防御体の最前線であることがわかってきました。
その腸内環境を決めるのは、腸内細菌のバランスです。腸内では「良い菌」と「悪い菌」が日々、勢力争いをしています。健康なときには「良い菌」が優勢な状態でバランスを維持していますが、逆に「悪い菌」が優勢になると病気のリスクが高まります。

では「良い菌」を優勢に保つための、生活習慣や食習慣のポイントをみていきましょう!!
~おなか元気の生活習慣~
①早ね・早おき・朝ごはん・朝うんち→早ね・早おき・朝ごはんの生活リズムをとることによって、朝うんちが出やすくなります。
②適度な運動→うんちを出すために、腹筋をつけたり、腸を刺激するような体操をやってみましょう。
③ストレス発散→ストレスは腸内細菌にとって大敵です。自分なりのリフレッシュ方法を見つけましょう。
~おなか元気の食習慣~
①発酵食品(ヨーグルト、味噌、漬物など)→良い菌が含まれる食品です。おなかの良い菌の援軍を増やすためにも取り入れましょう。
②食物繊維(きのこ、大豆、寒天など)・オリゴ糖(はちみつ、ごぼう、バナナなど)→良い菌のエサになってくれます。腸にすむ「良い菌」を味方につけ、健康な毎日を送りましょう。

ヤクルトやミルミルのなかにも、乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。そして、菌によってはたらく場所が違います。ご存知でしたか?
乳酸菌 シロタ株:生きたまま小腸に届いてはたらく乳酸菌
ビフィズス菌 BY株:生きたまま大腸に届いてはたらくビフィズス菌
生きたまま腸に届くことで、腸内の良い菌を増やし、悪い菌を減らします。
ヤクルトはこれからもみなさまに、健康をお届けしていきます♪