地域のみなさまと
カラダのこと

本日は世界がんデーです。

 

2月4日はWorld Cancer Day『世界がんデー』です。

健康な人の身体でも毎日5000個程のがん細胞がつくりだされており、日本人の2人に1人はがんになると言われています。

そこで注目されるのが『NK細胞(ナチュラルキラー細胞)』という、私たちを病気から守ってくれる免疫細胞です。この免疫細胞は、全身に存在し、がん細胞やウイルスに感染した細胞などを発見すると直ちに攻撃を開始し、排除します。こういった免疫細胞に、私たちの健康は毎日支えられているのです。

ではここからは『NK細胞(ナチュラルキラー細胞)』について、深堀りしていきましょう。NK細胞の強さをNK活性と言い、これは免疫のバロメーターとも言えるものです。NK活性の強さは、加齢や生活習慣などによって大きく影響を受けることが知られています。
【免疫力を低下させるさまざまな要因】
・加齢
・喫煙
・偏った食生活
・睡眠不足
・ストレス
・過度な飲酒
・運動不足

こちらをふまえて、みなさまの生活習慣チェックしてみましょう!
あてはまるものが多いほど、生活習慣が良好であることを示します。


※ビールなら大瓶1本、日本酒なら1合以上

いかがでしたか?
NK活性回復のためにも、生活習慣や食生活に気をつけましょう。

~自分の免疫力を知る時代がやってくる?!~
気になる自分のNK活性。測定することは出来るのでしょうか。
NK活性は、血液を用いて「NK細胞ががん細胞をどれだけやっつけたかを調べること」で測定できます。今後さらに、測定方法が確立されれば、いつでも自分の免疫力を測れるといった未来も見えてくるかもしれません。

~ 腸×免疫 ~
腸内に集まっている免疫細胞の数は、全身の半数以上ともいわれており、すなわち腸は人体で最大の免疫器官でもあるのです。腸は、食べ物といっしょに、病原菌やウイルスなどさまざまな外敵が侵入しやすい場所といえます。なので、そのような外敵から体を守るために、腸内は「免疫」の機能が発達しているのです。

~ 腸内細菌×免疫 ~
人が生きていくために欠かせない「免疫」や、栄養素の「消化・吸収」などの大切な腸の働きを、支えているのが腸内の良い菌です。腸内の良い菌を増やすことは、免疫力の強化につながるのです。
生活習慣を見直し、腸内環境を改善することで、免疫力を維持していきましょう!!