地域のみなさまと
カラダのこと

地球時間と身体時間のズレが病気のもと?!

卒園式・卒業式を終え、新生活にむけて準備をしている方々も多いのではないでしょうか?
今回は新生活を爽快にスタートするために、今日からできるポイントをお伝えします。

 

 

意外とおろそかにしがちな体内時計ですが、実は健康の基礎なのです!
規則正しい生活をするという言葉をよく耳にしますが、これは体内時計のズレをリセットすること。地球の1日が24時間であるのに対し、人間が本来持っている1日のリズムは、24~25時間といわれています。このズレをリセットすることができないと、体内時計は地球のリズムからズレてしまいます。体内時計がズレが続くと、心身の不調(頭痛、食欲不振、不眠など)や病気、老化の原因になってしまうので注意が必要です。

体内時計のズレをリセットするためには、太陽の光食事がポイントです。
~ 太陽の光 ~

体内時計を支配している、脳の視交叉上核という部分が太陽の光を感知します。すると、体内時計がリセットされます。なので、朝は太陽の光をたっぷり浴びましょう。曇りや雨で薄暗い日も、体内時計のリセットには十分な明るさがあります。

~ 食事 ~

食事を1日3食規則正しく摂ることで、体内時計がリセットされます。これは、視交叉上核を介さない経路であるため、夜間交代勤務の方や視覚障害がある方などでも実践できます。

 

普段、なにげなくしている動作が体内時計をリセットするポイントでしたね(^^)
太陽の光と1日の食事のタイミングを意識して、忙しくなる新生活も健康にすごしましょう!