地域のみなさまと
カラダのこと

冬の肌活!~ダブル保湿でうるおいキープ編~

冬の肌活第2回目の今回は「ダブル保湿でうるおいキープ」編です。
第1回目の前回は「汚れを落とす」編でダブル洗顔の大切さをお伝えしました。
うるおいのあるお肌を保つためには洗顔後に化粧水でしっかり水分を与えて、乳液でその水分を閉じ込める”ダブル保湿”が効果的です。今回はそんな保湿の大切さをご紹介します。

私達が何気なく使っている化粧水と乳液。そもそもどんな役割をしているのでしょうか?

化粧水:お肌に水分を与える、お肌のキメを整える、お肌を弱酸性に整える

液:油分を与えてお肌に水分を閉じ込める、お肌をなめらかに整える、保護膜を作り水分の蒸発を防ぐ

お肌を守るためにそれぞれこのような役割をしてくれています。ですが、きちんと化粧水や乳液をつけているのに今ひとつしっとり感がなかったり、すぐに乾燥してしまう・・・といった経験はありませんか?もしかするとお手入れ不足やお手入れ方法が間違っているのかもしれません。特に洗顔後のお肌は水分蒸発しやすい状態。すぐに化粧水で水分を与え、乳液で閉じ込めることが大切です。きちんと保湿することでお肌に水分や美容成分が長くとどまることができ、より効果を実感できます。それぞれの正しい使い方でより美肌に近づきましょう!

1.化粧水
コットンに500円硬貨大の量の化粧水をふくませ、軽く滑らせるようにして優しくお肌になじませます。
①額~あご先まで内側から外側に向かってなじませます。
②鼻すじ、鼻の側面になじませます。
③口の周りを2周ほどします。
④両口角、両小鼻、両目頭、両目尻を押さえてなじませます。
しばらくそのまま置いてコットンパックをするのもオススメです!

2.乳液
3~4プッシュほど手に取り、クレンジングと同様に額、両頬、あごの4ケ所に置き、よくなじませながら、らせんを描くように優しく伸ばしていきます。
また、すでに乳液を使用している方でもっとうるおいが欲しいという方は化粧水・乳液のあとにクリームを使用してみるのもオススメです。

化粧水・乳液どちらもパンパンと叩き込んだり、必要以上にこすりすぎないように優しく行いましょう。また「ダブル保湿をする時間が無い!」という方はシートタイプのマスクやクリームでもOKです。

次回は「スペシャルケアで美肌力アップ」編です。お楽しみ!